治すのは自分

スポンサードリンク

膝関節炎を治すのは自分

治すという定義は、いつもどおりの自分に戻るという意味です。
膝関節炎になって回復し復帰するまで積極的に準備しないと復帰できないと思いました。

 

意識して回復に関わるのが大事だと思います。
また最初はウォーキングも筋肉が戻るまでは辛いのは事実。

 

でも辛いのも数日です。
筋肉は練習をこなしていれば付くものです。

 

筋力が多少復活したら楽になるかというと少し負荷を増やしますのでやっぱり辛いのですが歩く距離や階段が日常でとても楽になるのが分かるので張り合いが出てきます。

 

腰痛とかも出ますのでなにもかもスッキリとうまく良くなるわけではありませんでした。

 

痛みが収まってからリハビリを重ねて小走りが出来るまでは3ヶ月以上かかるかもしれないですね。
少しずつほんの少しだけ無理をかけてカラダを強くしていきます。

病院のリバビリは効果的

病院とか整骨院のリハビリはどうかなって思っていたこともありますが^^;足にオモリを付けたあのトレーニングとか。

 

いまは、膝のひどい人にとっては、とても効果的な方法です。
少し自分に合わせたプログラムを組んでもとえるといいなと思います。

 

みんな一緒に毎回代りばえのしない回数とか改善してもらうとずいぶんいいんじゃないかと思います。

 

または自宅でもう一回やってみるとか。
オモリは、ペットボトルに水でも入れて風呂敷か何かでくくりつけるという方法があります。

 

病院で提供してくれているプログラムをもとに多少、ここはやりすぎではなく多少毎日トレーニングを多くするといいと思いました。

 

人にまかせっきりでは、改善はそれなりだと思います。

スポンサードリンク
page top