膝は老いる

スポンサードリンク

膝は老化する

人は立ってる時も座っている時も歩いたり走ったりといつも膝には大きな負担をかけ続けています。
年齢を重ねるにつれてこの長年の負担が蓄積されていきます。
それとともに徐々に老化変性を起こしていきます。
これは誰もが避けられません。

 

自然な老化現象は関節の軟骨が年齢とともにすり減っていくことです。
それに拍車をかけるのがX脚やO脚等の変形です。

 

これらの変形があると膝のある部分にだけ負担が集中しますので、その部分の変性は特に進みます。
この変形した状態を私が経験した変形性膝関節症といいます。

 

特に年齢の高い高齢者の方の膝の痛みの原因はこの変形性膝関節症が大部分を占めています。
歳をとるということは筋肉も衰えているということです。
膝関節は骨だけで出来ているのではありません。

 

 

大腿四頭筋、大腿二頭筋などの筋肉に支えられています。
筋肉が支えてくれるお陰で関節が捻れずに動きます。
筋肉が衰えてくるとその分、関節に直接負担がかかってきます。

 

つまり支えられずに疲労したり捻れたりす
るので炎症が治っているのに痛みが残ってしまいます。

 

異常がない場合でも膝の痛みを起こしやすくなります。

 

この状態は筋肉は鍛えることで改善します。
筋肉を鍛えれば膝の痛みをそれだけ楽にすることができます。

 

これは経験済みです。
膝の痛みから逃れたかったら常日頃から筋肉を鍛えようということがいえるのです。
ただしいろいろなスポーツは適度にすることが大切です。
筋肉も鍛えられて膝に良いことではあります。

 

スポーツや運動熱心なあまり度を越しすぎると体の1部分に過度な負担がかかり、その部分に炎症を起こしてしまうことがよくあります。
これを使いすぎ症候群といいます。
何事もほどほどということです。

 

スポンサードリンク
page top